髪の毛に良い食べ物とは?

日頃の食生活の乱れが、髪の毛に影響を及ぼします。
極端なダイエットで髪の毛を失ってしまった人もおられるみたいです。

☆良い食べ物☆

■良質なたんぱく質

髪の毛の主成分はケラチンというたんぱく質です。
このケラチンは含硫アミノ酸といい、硫黄を含むたんぱく質です。
動物性のたんぱく質にたくさん含まれています。
しかし、肉類はコレステロール増加の要因となるので、魚類を摂りましょう。

■発育を促すヨード

ヨード(ヨウ素)は甲状腺ホルモンに含まれる成分で、甲状腺機能を高めるのに必要です。
海藻類にたくさん含まれています。

■きれいになるコラーゲン

髪の毛は皮膚の一部です。潤いのある艶やかな髪の毛になるには、コラーゲンが必要です。
ネバネバとしたもの、山芋・長芋・納豆・オクラなどに含まれています。
コラーゲンは、一度体内で分解され再合成します。
その際にビタミンCが必要となるので、ビタミンCの摂取も大切です。

■抜け毛を予防するビタミン類

髪の毛は血液から栄養を摂っています。
髪の毛の健康を考えるなら、血液をきれいにすることが大切です。
ビタミンAを多く含む緑黄色野菜、ビタミンPを多く含む柑橘類、ビタミンEを多く含む玄米や胚芽米、ゴマやナッツを摂ることで血液をサラサラにし、血行が良くなります。
動脈硬化予防の食事と同じく、コレステロールを減らすことが大切です。
また、ビタミンB群は頭皮の新陳代謝を良くし、抜けようとする髪の毛を守ります。

以上の事を気にしながら接種していくとよいと思われます。

コメント